【新版】小さな会社が本当に使える節税の本

【新版】小さな会社が本当に使える節税の本

内容紹介

ひとり社長も使える!
小さな会社向けのロングセラー節税本が「新版」で登場!
賃上げ促進税制、地方拠点強化税制、消費税インボイス対策など「最新税法&情報」で増補改訂!
戦略なき節税策が会社をつぶす!「すごい節税策」には怖いウラがある!
資源価格の高騰によりインフレが進行し、原材料費も経費もかさむ。この厳しい状況下で何とか少しでも税金を安くして、会社に現金を残したいというのが社長や経理担当者の本音でしょう。
世の中には“すごい節税話"といった情報もありますが、実際のところ「小さな会社・中小企業」にとって本当に使える節税策には、そんなすごい策などありません。もちろん、ムダに税金を払わなくて済むよう、きちんと対応すればできる節税は普段からきっちりとやりたいものです。

しかし節税を意識するあまり、損金を増やすため不要の出費をしたり、無駄に借金を増やしたり、いらない高額保険に入ったり、奇策を弄したりして、あとで税務署から否認されたり、資金繰りに困って会社が危うくなるといった本末転倒の事案が後を絶ちません。税金で生兵法は取り返しのつかない大けがの元です。節税効果が殆どないのに、リスクや難易度だけが高いような策に手を出してはゼッタイダメです!
本書では、そういったことにならないよう、節税策を大きく次の3つのレベルに分けて解説しています。
1(やりがちだけど)やってはいけない節税策
2とりあえずやっておきたい節税策
3積極的にやりたい節税策

何からやってよいかわからない場合は2を、積極的にやりたい場合は3をといった具合に、内容に強弱を付けています。やってはいけない節税策も紹介することで、会社の害になるだけのダメな節税策を回避することができます。
小さな会社・中小企業の使える節税策の中にも、正しく使えば効果の高いものもあります。ムダな策は回避して、自社にあった賢い節税で現金を残す方法を紹介していきます。

出版社

自由国民社(2022/8/30)

単行本

256ページ
田町の税理士 葛西安寿税理士事務所お問い合わせ
葛西安寿税理士事務所_ページトップ