オンラインについて~会計ソフトの進歩~

会計ソフト
会計ソフトは、多種多様存在しますが、広く一般に市販されているものと、市販されず会計事務所向けに販売されているものがあります。

市販されているもので有名なものは弊事務所でも使用しています弥生会計になります。
市販されていない会計事務所向けのソフトとしましてはJDLなどがあります。
これらはどのソフトもそんなに機能面では変わらないです。
近年は、これらに加えて、クラウド会計が流行っています。
クラウド会計で有名なところとしましては、弊事務所でも使用していますマネーフォワードなどとなります。
クラウド会計は、機能面において従前のソフトとはだいぶ異なります。

まず、その名の通りクラウドなので、ID・パスワードさえわかれば、どの端末からでもアクセスできます。
クライアントが自身のPCで入力したものを、会計事務所側のパソコンでチェックし、お互い同じ画面を見ながらフィードバックできます。

また、インターネットバンキングの登録をしている普通預金やクレジットカードとクラウド会計を連携させることで、仕訳が自動で取り込まれます。AI機能もついているので、一度経費科目を選択すると、次回以降は同じ支払先の時に、学習した科目が自動で出てくるようになります。

これらクラウド会計に対抗すべく、既存のソフトも同じような機能が追加されたり、最近では画像解析による仕訳の自動取込みなども行われるようになっています。
画像解析は、上記の口座等の連携ではなく、スキャンデータを読み取るものです。
連携していなくでもスキャナーでスキャンするだけで、通帳、カード明細、個別領収書が仕訳として取り込まれます。
少し前までは、画像解析はその精度があまり高くなく、取り込んだ仕訳のチェックと修正に時間がかかるため、ベタ打ちしたほうが早かったのですが、最近のものはその精度が格段に上がってきています。

これら多種多様な会計ソフトですが、メジャーどころであればお互いのデータコンバートは可能になっています。
ただし、ひと手間かかるのと取込みの際に補助科目や部門などが崩れてしまったりすることもあるので、クライアント側でも会計ソフトを所有する際はなるべく同じソフトを使用したほうが良いです。